SAY様制作記録|良いコミュニケーションと信頼関係が、良いウェブサイトを作る

portfolio_say

シニア向けのバレエ教室を運営するSAY(Sucsessful Aging with You)様のホームページを制作させて頂きました。お客様とよい関係を築くことができたため、結果としてクオリティも上がり、スケジュールも順調に進めることができた好事例となりましたので、ぜひご紹介させてください。


良いコミュニケーションと信頼関係が、良いウェブサイトを作る。お互いを知ってから、仕事を進めることが理想

SAY様では、一度は自分たちでホームページを作ってみたものの、思うイメージに出来なかったとの事。そこで、制作を依頼できる会社を検索しているうち、スタジオブレインのホームページにたどり着き、私どもの考え方に共感できたとの事で、お問い合わせを頂きました。

ホームページ制作にはいろいろなアプローチがあり、会社によって考え方や進め方は様々ですから、事前に私たちについて知って頂き、その上でお仕事を依頼いただけるのはとても嬉しい事です。

これからお仕事のご依頼を検討いただいているお客様には、弊社ホームページやスタッフによるブログをご覧いただきたいと思いますし、お客様がブログやホームページをお持ちであれば、事前に拝見できればと思います。

まずはお互いを知ってから仕事に取り掛かることができたら、理想的ですね。

事業内容が伝わりやすく、更新しやすく、かつ美しいホームページのデザインをご提案

打ち合わせにお越し頂きました際に、デザインの方向性や原稿の内容、今後の運営や更新の方針について確認しました。

デザインに関しては、「バレエらしさを表現したい」というご要望をいただきました。素材として提供いただいた写真を拝見しますと、高齢の方がとても楽しそうにバレエに取り組んでいる表情が印象的でしたので、きれいなだけではなく、参加されている方の楽しそうな様子が伝わるウェブサイトをご提案させていただきました。

また、なるべく自分たちで更新できるホームページにできるよう、凝った画像加工や複雑なレイアウトを避け、余白や文字の美しさでデザインしたいと考えました。もちろん、スマートフォン等でも読みやすいようにレスポンシブ対応もします。

チームで知恵を出し合って、より洗練されたデザインへとブラッシュアップ

方向性が固まったところで、WordPressに原稿を流し込み写真を配置して、まずは仮のホームページを作成しました。ここで、ページのボリュームとバランスをみたり、必要な要素がきちんと盛り込まれているかを確認します。

その後、WordPressの構築とデザインを担当する石田と、ディレクターの今井の他、デザイン監修をするキッシーにも打ち合わせに参加してもらい、どの部分をブラッシュアップすればより良いデザインになるかを検討しました。
サイトの雰囲気に合ったロゴを作り、見出しのちょっとしたデザインやアクセントを変えると、シンプルだけど単調だったデザインがぐっと良くなるのを実感しました!

その後、お客様にホームページ全体をご覧いただき、デザインの調整や原稿と写真の修正を経て、公開準備が整いました。

記事の作成方法を、お客様といっしょに操作しながらレクチャー

いよいよホームページ公開となりましたら、その後の運用についてのフォローです。

私どもでサンプル記事を作成し、お客様が書いた記事と比較して頂き、より良いブログ記事の書き方についてご説明しました。見出しをつけたり原稿の情報整理をすることで、読みやすい文章になります。
あとは、持参いただいたパソコンで実際のWordPress管理画面に入って頂き、一緒に記事を作成しながら、ブログの更新を体験していただきました。

P1070753

デザインが統一されたパンフレットも作成

パンフレットもご入用との事で、途中から平行して作成しました。
印刷物のデザインはキッシーの得意分野。ホームページデザインの検討の段階ですでに参加してもらっていたので、スムーズに進めることができました。


今回は、完成したホームページにとても満足いただけた他、仕事の進め方についても高く評価を頂くことができました!

SAY様の活動についてのインタビューもさせていただきましたので、こちらもぜひご覧ください。

エイジレスバレエってご存知ですか?生みの親のお二人にお話を伺ってきました。


コメントを残す