ブログに何を書けばいいのかわからない

私たちは昨年から、本業であるWEB制作チームの様子を広く知ってもらい、業務を円滑に進めたいと考え、オウンドメディアのブログぼちぼちを始めました。今興味のあることや考え方を知ってもらうことで、共感してもらい、同じような価値観を持った取引先に恵まれるようになればいいなというのが目的でした。しかし、実際にやってみると継続できるコンテンツを考えることが本当にたいへんでした。そんなブログに何を書けばいいのかわからないという悩みは多いと思いますが、私たちが実践しているコンテンツを作る工夫についてお話しします。

bochibochi

取材をすればブログは誰にでも書けるはず

ブログにはコンテンツとなる記事が必要ですが、まず誰にでもできることとしては、身近で興味のある話題やイベントをチェックして、実際に足を運んで取材する。これだけ簡単な記事は書けます。あとは質を高めるだけですから、写真や文章は最初は難しいと感じていても、経験を積み重ねることで、徐々にスキルも高まってきます。私たちは文章や写真はもちろんですが、最近では動画にも挑戦し作成するスキルを徐々に高めています。最初は難しいと思っていても繰り返し練習することで、徐々にできるようになります。是非皆さんもまずは身近な話題を取材するところから挑戦してみてほしいと思っています。

インタビューでコンテンツを作る

次にできることはインタビューです。これも取材と同じですが、身近で興味ある特定の人物に話を聞いて対談形式や、座談会形式で話の内容をまとめ、さらにライターである自分の考えも併せて掲載するとおもしろいと思います。

セルフプロデュースでコンテンツを作る

さらに自分たち自身を取り上げたコンテンツを作りたい時には、自らが楽しめるイベントを企画し、自らを取材して記事を作るというセルフプロデュースという方法も試行錯誤の末たどり着きました。ぼちぼちでは、この一年間、自分たちで常にイベントを考え自分たちで取材するという一連の取り組みを繰り返してきた結果、自分たちが描きたいチームの一面を客観的にとらえることができて、徐々にプロデュースできつつあると感じています。

2015年に行ったセルフプロデュース記事の例

おもしろそうなイベントを企画して記事にするおもしろそうなイベントを企画して記事にする
遊びを企画して記事にする遊びを企画して記事にする
セミナーを開催して記事にするセミナーを開催して記事にする
何気ないおしゃべりも記事にする何気ないおしゃべりも記事にする

コメントを残す