起業やサービスの立ち上げに伴うタスクはたくさんありますが、これからWEBでプロモーションを行う予定なら、とりわけ公式サイトに求められる役割は重要です。とりあえず、何でも良いから急いで作ってしまうというケースも少なくないと思いますが、一度しかないスタートアップはほんとにそれでいいのでしょうか?


スタートアップWEB制作に欠かせない3つの条件

まず1つ目はWEB公開までの限られた時間で、必要最小限の情報だけをまとめ上げ、短期間にWEBを構築することができるスピード。2つ目は、そこから次のステージへ無駄なく繋ぐことができる無駄のないWEBの発展性。3つ目は、限られた予算の残りすべてをWEB制作に割り当てたいという要望が多い中で、柔軟に対応できるコストパフォーマンス。これら3つのWEB制作条件を満たすことができるスタートアップWEB制作が今求められています。

もう一つ欠かせない条件がロゴマークの決定

一方、起業やサービスの立ち上げが決まったなら、これからのブランディングに欠かせないのがこちら、ロゴマークの決定。サービスでは常に最前線に立つことになる、言わばこのもう一人のメンバーを、スタートアップWEB制作には必ず加えて頂きたいのです。特にこだわってプロジェクトの目標を形にしたロゴデザインなら、チーム全員の士気を高めてくれるうえ、スタートアップからの苦労を共に味わうなかで、徐々に高まるブランド力を実感できるはずです。ロゴマークと共に成長するブランディングを、ワクワクしながら楽しんで頂きたいと思います。

スタートアップWEB制作に最適なシステムとは

WEBの公開は少しでも早い方がいい。しかし最初は少ない情報量でも、後から徐々に加えて行きたい。こんなわがままな要望へのご提案は、やはりWordPressを使ったCMSでしょう。トップページ、アバウトページ、コンタクトページ。そしてブログ。といったミニマム構成で構築するのがおすすめです。あとでページやコンテンツを増やすことができるうえ、複数メンバーの投稿権限を管理したり、どの場所のどんなPCからでも操作できるといったメリットがあります。

シフトアップも無駄のないWordPress

スタートアップに成功したなら、次はシフトアップでしょう。そんな時にもWordPressサイトならこれまで投稿した記事や、貴重なフィードバックなどはそのままに、デザインや機能を衣替えすることで、次のステージへ何度でもシフトアップすることが可能です。スタートアップWEB制作は、コストを抑えることだけ考えるのではなく、シフトアップでも無駄のないWordPressで構築させて頂きます。

以上、StudioBRAINとして考えてみた、スタートアップWEBについてですが、いかがでしょうか。

こちらもあわせてお読みください

WEBサイトにおけるロゴの大切さ


コメントを残す