私たちを必要としてほしいお客様とは

StudioBRAINでも、時々お客様をご紹介をくださるケースがあります。それはとてもありがたいことなんですが、実は私たちがご紹介いただいたお客様にホームページを作らせて頂くケースでは、最終的に双方がご一緒できてよかったと思う事は少ないと思っています。
他社ではどうかはわかりませんが、少なくとも私たちのWEB制作では、依頼者と制作者のマッチングが、すごく貴重だと思っています。もし100人の依頼者がいれば、それぞれにふさわしい100の制作会社があって良いんではないでしょうか。
少なくとも私たちは、いろんなお客様を対象にするのではなく、私たちを必要として下さる数少ないお客様を対象とし、そうした貴重なお客様と巡り会う為に日々ブログやSNSを通じて自社をPRしているのです。


StudioBRAINを必要としてほしいお客様とは

私たちが考える、StudioBRAINを必要としてほしいお客様とはどういう方々かと申しますと、

小規模な事業者の方
経営のトップに近く、自らハンドルが切れる方と直接話が進められることが大切だと考えています。
インターネットが使える方
WEBを使って商売を考えるなら、自分自身がそうしたお客様と同じ感覚を持っていることは重要だからと考えます。
想いを伝える文章が書ける方
時に直接言葉を交わすこともありますが、WEBの場合はほとんどの多くは文字情報のやりとりですから。
同じエリアで活動されている方
まずは地元大阪を拠点に活動し、そこで成果をあげるにはローカルな感覚が必要だと思うからです。

そうした方々と出会うきっかけとして考えられるのは、お客様自身がインターネット検索を駆使して、いろんな情報からWEB制作会社をピックアップし、自分たちが今必要なホームページが作れるのはここしかない!ということで、StudioBRAINを選んで頂きたいと思っています。
もちろんその場合は必要とされれば、私たちは存分に技術と知識を惜しみなくご提供させて頂き、末永くお付き合いさせていただけると考えています。


いつまでも必要とされるためにやっていること

そうして13年が経ちましたが、今ではStudioBRAINにすっかりフィットしたお客様と末永いお付き合いが続いています。だからこそ、これからも親身になって物事を考えられる個人レベルのスタイルにこだわって行きたいと考えています。その為に今も取り組んでいるのは、それぞれが個人であることを基本としたフリーランスチームというスタイルを、作り上げているところです。


皆さんは、そうした自分たちが必要とされるお客様に選ばれているでしょうか?
もしまだブログやSNSでご自分の考えを発信していないなら、そんなマッチング問題について、今一度考えてみてはいかがでしょうか?


コメントを残す