夫婦そろって一級建築士の資格をもち、男目線にも女目線にも偏らない事務所。
大阪の設計事務所ヴィアバルトロは、一言でいってしまえばそんなバランスのとれた住宅設計事務所である。


設計事務所を探す基準

家づくりを考えることって、人生で一度あるかないかのビックイベント。間違いなく、自分自身の年表に大きく書かれることとなる一大事をサポートしてくれるパートナー、設計事務所を探す基準とは?

①信頼・実績(大事)

ヴィアバルトロは、こじんまり住宅を設計している事務所と思いきや、新築マンションのような集合住宅も作る。幼稚園も作る。昭和5年生まれの深い味わいのある家も渋みを残しリフォームできる。ときには大阪を飛び出し、関東や地方の住宅・工場などの設計も手掛ける。

②設計事務所が住まいから近い(出来ればそう願いたい・・・)

大阪市都島区にある事務所へは、市内在住であれば問題なし。市外、県外から訪ねる場合も、市内交通網を駆使すれば短時間でたどりつけるはず。せっかくだから、近くの淀川河川敷を散歩したり、大阪城見学もおススメ。ウキウキしながら我が家を託した設計事務所を訪れる、いい感じ。

③価格がリーズナブル(これははずせない)

ホームページ上でもしっかり明記されていて、インターネット上で他社と比較検討してから決められる便利なご時世。また公共の補助金制度にも対応してくれるので、この部分でも安心。

④納期が早い(に、こしたことはないけれど)

テレビのリフォーム番組のように、ふたを開けてみたら問題山積!ということも時にあるかもしれないけれど、しっかりコミュニケーションを取りながら家づくりに関わりたいと考える二人。納期が遅れるようであれば、間違いなく問題提起してくれるはず。

設計事務所を探す基準

上記4ポイント、ヴィアバルトロは楽々クリア。がむしゃらに、走り続けてきてくれた、一つ前の世代なら、これでピンときた設計事務所にお願いするかもしれない。でも、モノにあふれ、プラスチックにまみれた世代の私たちが、考えるビックイベントには、もう少し時間を味わう、空間を楽しむ、家と暮らせる・・・・そんな提案もしてくれるパートナーが欲しい。
ヴィアバルトロの二人は、「大好き」というイタリアで2年半暮らし、「カッコいいものは、いつの時代もカッコいい」と言い切ってしまう陽気な風と、モノと長く付き合う暮らしを経験してきたそう。(イタリアでのお洒落で楽しい悪戦苦闘ぶりは、ブログをごらんあれ

日本の住宅事情も知り尽くし、新築一戸建てからマンションなど共同住宅の設計に加え、工場設計、住宅リフォームなど、私たちが心地よく過ごせる空間を作ってくれるヴィアバルトロ。一つ一つ、ニーズにあった緻密な設計プランに加え、私たちが気づかない素敵エッセンスを加えてくれる。やさしい曲線、高く開放的な天井、諦めていた外からの光、家族の成長を見据えた間取り、安心して暮らせる家・・・忙しすぎる毎日を繰り返していたわたしたちに、彼らなら本当に心地いい暮らし方を教えてくれるはず。


どんな世代にもうれしい家づくり

どんな世代にもうれしい家づくり

イタリアのおしゃれな風も知っている、大阪の熱気も知っている、そして二人が大事にしている存在、
100歳目前のひいおばあちゃんの暮らしも知っている。思うようにカラダが動く、やりたいことを思う存分に出来る時間て、長い人生からみれば半分あるかないか。残り半分を、これまた有意義に贅沢な気持ちとともに暮らしていくって難しいこと。我慢したり、あきらめたり、遠慮したり・・・私たちがのんきに生きていられるのも、おばあちゃん達が引っ張ってきてくれたから。100歳目前のひいおばあちゃんがいてくれるから、感謝することも、協力してあげられることも彼らは知っている。

一つ前の世代と呼んでしまった諸先輩方のセカンドステージの住宅、これから子供を育てていく活動期の住宅も、奥行き深い味わいと楽しさを添えてくれるはず。

こだわる時間を与えられた、贅沢な時代の私たちに必要な一大事のパートナー、それがヴィアバルトロである。


ヴィアバルトロ公式サイト viabartolo34.com

文:ちゃっぴぃ


コメントを残す